ぼくでんのプラプラ計画!!

中年に差しかかった元塾講師で新米日本語教師がプラプラと考えたことを、   マーライオンのごとく吐き出すブログ

【書評】うさぎ好きの人必見!?うさぎのかわいらしさに悶絶すること間違いなしの『うさごころがわかる本』レビュー!

みなさんはペットとして飼ってみたい動物や、ずっと見ていたいと思える動物っていますか?

僕はいくつかそういう動物がいるんですが、その中でも1番の動物が、実はうさぎなんです!

 小学1年生のころ、担任のM先生(女性)が個人的に飼っていた「シロ」といううさぎを教室で飼っていました。

僕はこのうさぎに魅せられまして、週末や夏休みなどには自宅で預からせてもらい、積極的にお世話係をやってましたね。

まあ、そんなことはどうでもいいんですが、その時にはすでにうさぎが大好きだったんです。

で、最近になって、いずれうさぎを飼いたいなぁと思うようになって(あとどれくらいかかるかわからないけど……)、時々うさぎの飼い方の本を読んだり、動物園でずーっとうさぎを見に行ったりしてたわけなんですよ。

で、この間出会ったのがこの本、『「うさごころ」がわかる本』(寺尾順子監修・井口病院イラスト)です!!

 この本はヤバいです!ヤバすぎます!!

何がヤバいって、井口病院さんの描くイラストや4コマがかわいすぎるんです!!

その一端は上の画像からわかるんですが、うさぎのかわいらしい仕草が、このなんとも愛らしいイラストで本全体を埋め尽くしているわけですよ。

うさぎ好きとしては、いや、かわいい小動物好きとしては、悶絶せずにはいられないのです!

「うさぎさん万歳!うさぎ好きでよかった!」と思わず叫びたくなる、そんなかわいさがありますね。

井口病院さんのうさぎ愛が詰まっております。

 

そんなかわいらしいイラストを見るためだけに買ってもいい本ですが、もちろんイラストだけではありません。

寺尾順子さんが監修されているうさぎの飼い方やその注意点、うさぎの気持ちを理解するポイントは、非常にわかりやすく、勉強になります。

うさぎの性格もそれぞれ違い、飼い主がうさぎをしっかりとわかってあげることがまず大切だという前提があるのでしょう。

決して断定はせず、可能性をいくつも挙げており、うさぎと付き合う難しさ、だからこそ一緒に住む喜びがあるということが、ひしひしと伝わってくる優しい語り口です。

「へー、そうなのか」という発見もありますが、読んでいてほっこりと心が和む、そんな本です。

ちなみにうさぎを初めて飼ったり、久しぶりに飼う人用の、いわゆるビギナー向けの入門書として書かれています。

そういう意味では、うさぎを買いなれた人にとって、発見はないかもしれないです。

ただ僕は、たとえビギナーでなくてもオススメします。

何故かって?

それは、こんなにもうさぎ愛が込められている本をうさぎ好きが読まないのはもったいないからです!

まあ、ともかく。

 

うさぎを飼いたいけど、初めてでどうすればいいかわからない……。

うさぎともっと心を通わせたい!

うさぎと一緒に幸せになりたい!

うさぎってかわいいよね!

うさぎLOVE!!

 

なんて人は是非読んでみてください。

そうでなくても、少しでもうさぎに興味がある人は、読んでみると知らず知らずのうちに「うさぎLOVE!!」になっているかもしれませんよ?

気になった人は、以下のリンクから購入をどうぞ!!


「うさごころ」がわかる本 もっと知りたいうさぎの秘密 [ 寺尾 順子 ]