ぼくでんのプラプラ計画!!

中年に差しかかった元塾講師で新米日本語教師がプラプラと考えたことを、   マーライオンのごとく吐き出すブログ

そういえば強烈な印象だったわ……。ずっと記憶に残り続けるテレビCMたち!!

f:id:tsukahara28bokuden:20180512020801j:plain

はじめに

先日(5月9日?)、TBSラジオで午後1時から午後3時半まで放送している「赤江珠緒たまむすび」内のイージーリスニングのコーナーで、George Winston(ジョージ・ウィンストン)作曲の『Longing/LOVE(あこがれ/愛)』が流れました。

僕はこの曲のタイトルや作曲者を知りませんでしたが、JTのテレビCMで使われていた曲と聞いて納得。

 

はじめは「こんな曲だっけ?」って感じていましたが、途中から「ああ!あのCMね!」と思い出しました。

外国人のお姉さんが日本の文化を体験するCMで、とてもキレイだった記憶がありました。

で、ちょっと調べてみました。

6本まとめてある公式動画がありましたよ。


[JT CM] 日本のひとときシリーズ 6篇まとめ 【公式】

曲は編曲されていますが、曲も映像も言葉も非常に美しいCMですね。

女性も非常にお綺麗で、見ているだけでドキドキしてしまいます。

 

さて、そんな中、僕の記憶に強烈な印象を植え付けられているテレビCMが掘り起こされたのでちょっと調べてみました。

 

その1:サカイ引越センター

徳井優さんがメインで出演されていたCMです。

アート引越センター松本引越センターの王道なCMに比べ、このころのサカイ引越センターは強烈でした。

強烈な印象でとにかく企業名や商品名を覚えてもらう、という少し前のCM戦略に非常に近いですよね。


【なつかCM】 サカイ引越センターCM総集編 1989-2005 徳井 優 編 【全23種】

このCMが流れているときはテレビを凝視していた覚えがあります。

家族にもとても好評なCMでした。

今は業界トップレベルの会社に成長し、まさに王道のCMを流していますね。

申し訳ないですが、最近のCMはちょっと物足りません(笑)

 

その2:ハトヤホテル

「伊東に行くならハ・ト・ヤ♪電話は4126♪」という耳に残るCMソングは野坂昭如が作詞したものだそうですね。

この歌は今でもふとした時に頭の中に流れます。


ハトヤ CM‗3


サンハトヤホテル CM 1981年 「海底温泉」「大漁苑」

そういえば、浦島太郎の替え歌は子どものころお風呂でよく歌いました。

大漁苑の「三段逆スライド方式」は当時なにがなんだかわからず、「とにかくなんかすごい奴だ!!」と考えていましたね。

今でもしっかり営業していますので、伊東温泉に向かう際にはぜひ泊まってみたらいかがでしょうか?

「三段逆スライド方式」の釣り堀も、海底温泉(お魚風呂)も健在ですよ!

 

その3:KINCHO タンスにゴン

最近の沢口靖子さんは非常にビシッとしたマジメ系のキャラクターを演じることが多いですよね。

でも今も人気の「科捜研の女」シリーズの最初期は、非常にはっちゃけた面もあるキャラクターで、僕はその頃の方が好きでした。

また、最初期のシリーズを再放送してほしいものです。

とはいえ、やはりさわやかで清純派のイメージが強かった彼女ですが、タンスにゴンのCMにおいては、ギャグ+セクシーキャラで度肝を抜かれました。


【沢口靖子】 金鳥CM集 【ゴンゴン】

町の様子やものまねが、なんとも世相を表したいいCMですね!

 

その4:アデランス

当時Jリーグでとても人気のあった選手のうちの一人、鹿島アントラーズアルシンドが出演していたCMです。

今思えばけっこう失礼なCMですね(笑)。

アルシンドもよくOKしたものです。


アデランス CM 1993年 アルシンドになっちゃうよ

アルシンドになっちゃうよー」と「トモダチならあたりまえー」は、当時小学生だった僕たちの間で非常に流行りました。

あのアルシンドがハゲネタでCMに出ているという衝撃(笑撃?)は日本中の子どもを虜にしました。彼はプレイの素晴らしさとともに、このCMでかなりの人気だったとはずですよ。

そういえば、このCMだけだと何が「当たり前」なのかわからないですよね(笑)

長尺のCMだと、毛髪チェックの部分が終わった後、日本人男性が再びアルシンドに会った最後の場面で日本人男性が「あ、この間は……」という部分があります。

「……」の部分のセリフはないですが、「ありがとうございました」というようなセリフが日本語的に省略されているんです。

 

その5:ドリームキャスト

20世紀終わりのゲーム機ハード戦争と言えば、ソニープレイステーションセガドリームキャストの戦いでした。

そんな中、満を持して発売されたセガの「ドリームキャスト」は、今では標準となっているネット接続や通信対戦の機能を備える、時代の先を行く名機でした。

ですが、ソフトの供給が微妙だったのとその先端を行く機能は、当時は完全にマニア向きであり、一般受けせず、ゲーム機戦争敗退という結果に……。

ちなみにコントローラーの握りやすさは、僕の中では歴代1位のゲーム機です。

ところで、当のドリームキャストのCMですが、完全な自虐CM。

湯川英一氏はセガの本当の専務であり、話題となりました。


ドリームキャスト 湯川専務・第1話「セガなんてダセェよなぁ」CM

子どもたちの「セガなんてダッセーよなあ」「プレステの方がおもしれーよなあ」というセリフはショックでした。

たしかにセガサターンはパッとしなかった印象でしたが、そこまで言われるとは……。

思わず「セガ頑張れ!!」と応援したくなるCMです。

このあと話が進むにつれ、専務から降格もさせられた湯川氏。

セガは僕らが買い支えんといかん、とセガ好きなら思った瞬間だったでしょう。

 

その6:JR東海 「そうだ 京都 行こう。」

京都の名所を各季節の美しい情景と巧みなナレーションで魅せる、言わずと知れたCMシリーズです。

1994年ごろから続くシリーズなんですね。いいものは長く続いていく、いい例です。

このCMを見ると、また京都にいきたいなぁと思ってしまいますが、思いながらもなかなか行けていない現状だったり……。


90年代そうだ京都行こう総集編1/2

実は「そうだ 京都 行こう。」というキャッチフレーズです。

よく「そうだ 京都に 行こう。」と「に」を入れちゃう人がいますね。

これを読んだアナタは、今日から間違えないでくださいね!

あと、このセリフって全然ナレーションでは言われていないんですが、ものすごく印象に残っていますよね。

それだけこのCMに力があるってことなんでしょう。

また、流れている曲も編曲が秀逸です。それぞれの風景にベストマッチしています。

 今年の夏休みには京都に行って、「そうだ 京都 行こう。」めぐりもいいかもしれないですね!

おわりに

いかがだったでしょうか?

覚えていた、印象に残っていたCMはありましたか?

実はまだまだ好きなCMはありますので、今後もときどき紹介をしていければいいですね。

もし、みなさんも好きなCMがあったり、今日紹介したCMに思い出なんかがあれば、ぜひコメントを残してもらえると嬉しいです。